脱稿!!!

またまた久しぶりの雑記になってしまいましたが皆様お元気ですか?
浮上出来ない間何をしていたかと言うと、アンソロの原稿作成してました!なんのアンソロかと言いますと、GS2の針主プチオンリーで発行されるアンソロジーです♥
これを終わらせるまでは産気づくわけにはいかねえぇぇぇ!!!!と必死に作成しておりました。
結構前から描き始めてたはずなのにね……思ったより長く仕事続けてたせいもあるかもしれません;
何はともあれ、引き受けた以上は仕上げる!!という責任は果たせて一安心です。
とはいってもまだ他にも済ませておきたいことが残ってるんですけどね。
今回は原稿作成で初の試みをしました。
人様の本の原稿なのに初なのが申し訳ない感じですが;
まず、いつものようにアナログで下書き。(相変わらず裸から描かないと描けない人なので服はスケスケ〜(〃ノωノ)キャッ)

解像度高い絵は下書きからパソコン上でやると異常に時間かかる上にデッサン崩れるのでやっぱり無理だと悟ったよ…
いつもはペン入れ、ベタ塗りまでアナログでやるんですが、愛用のマルスマチック(製図ペン)0.1がご臨終…でも高くて買い替え無理!!!(貧乏)なのでパソに取り込んでペン入れすることに。
とはいえ、コミスタとか漫画専用のソフトなんて持ってない私。今あるものでなんとかしよう!!と枠線・吹き出しはフォトショで、人物・背景はペインターで実行。ここが今回初の試み。

ちなみにツールは「ペン」の「スムーズ丸ペン」をちょっとカスタマイズ(筆圧で線の強弱が出るように)して使用しました。
やっぱり線画を描くならペインターだね!カンバスを回転して作業出来るので、アナログの時のように紙を回転させる要領で描けるのが良い。
で、ペインターで描いた線をフォトショの「モノクロ二階調(50%を基準に2階調に分ける)」でくっきりさせる。アンチエイリアスのかかった線はトーン貼りの作業も面倒になるし、プリント時にドット処理をされるからボケた感じに印刷されるので個人的に好みではないんです。なのでいつも鉛筆ツールで描いたようなパキっとした線にしています。
線画が出来たら、いつものようにトーン処理(パワートーン)と仕上げと台詞はフォトショで。
これで完成☆

あとは印刷した時、綺麗に出来てたらいいな…という感じです。
うちのプリンターでは大丈夫だったので、高品質の印刷にかかればきっと綺麗に刷ってくれるはず!!!
何はともあれ、本の完成が楽しみだわ〜<!